SAISEIKENCHIKU LABORATORYSAISEIKENCHIKU LABORATORY

LANGUAGE:

LANGUAGE:

WORKS

不動産価値としてのインフォーマルな外部空間LARK YOYOGI

slide
slide
slide
slide
slide
slide
slide
slide
slide

PROBLEM

代々木に建つ、地上8 階地下1 階のオフィスビル再生計画。既存建築は1973 年、高度経済成長の終期に建てられた現行法では建てられない床面積を持つ既存不適格建築である。既存不適格とは、旧規定の基準で合法的に建てられた建築であり、その後の法令の改正や都市計画変更などにより、現行法に対して不適格な部分が生じた建築のことをいう。現行法の緩和事項で、容積や高さ等のいくつかの事項は既存不適格を維持することができるものとされており、このメリットを生かし既存ボリュームの不動産価値を維持しながら、違法部分の是正, 耐震補強などを行い、建築構成をも変えていく計画である。肥満ともいえる建築に対して、塔屋のカットやピロティ化、床を抜きなどいくつかの減築ボキャブラリーを適切に当てはめるだけにデザインの注力を行い、新築では得られない余剰の外部空間や吹き抜けを持つポーラスな建築形式が心地よい風が抜ける働く場を生む。余剰の外部空間が慣習的な都市のオフィスにはないインフォーマルな構成と更新を許容する空間となり、様々な働き方が選択できる現代において、記号化される以前のフレキシビリティ考えることでこれからの時代に合った建築ストックをつくっていけると考えている。

  • 規模:地上8階地下1階
  • 築年数:昭和48年/1973年
  • 構造形式:RC造※一部SRC造
  • 敷地面積:904.91㎡
  • 延床面積:2983.26㎡
  • 建築面積:535.15㎡
  • 用途:事務所

SOLUTION

RESULT

COLLABORATION

構造耐震設計:イシクラカズヒロ構造アトリエ

ページトップへ

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡下さい。

TEL. 03-6721-1969 / FAX. 03-6721-1965 Mail. contact@saiseikenchiku.co.jp